とんかつまい泉の弁当のこだわりやおすすめ商品の価格や強み

とんかつまい泉の弁当のこだわりやおすすめ商品の価格や強み

高級とんかつ店としてその名を馳せる、とんかつまい泉。おいしさの秘訣は、「豚肉」「衣」「ソース」にあると言えるでしょう。名物の「箸で切れるやわらかなとんかつ」料理人の職人技は、まさに天下一品です。創業当時の社長は主婦といのも驚きでしょう。しかし、「おもてなしの精神」を重んじる主婦ならではの優しい視点が、まい泉をここまで成長させた原動力なのかもしれません。お客さまから寄せられた意見に真摯に耳を傾け、メニューに反映する点もまい泉の特徴です。常に謙虚な姿勢を忘れず、反省を即座に行動に移す対応力が、まい泉のおいしさを支えているのでしょう。

とんかつまい泉について

とんかつまい泉は、「お客さまの美味しい笑顔」のために、「まごころ」を込めて商品を製造し、「おもてなし」の心で販売することをモットーとしています。1965年の創業以来着実に店舗数を増やし、現在では日本全国に約70店舗、東南アジアにも約20ものレストランを展開中。ケータリング・デリバリー・通信販売など、さまざまな形でおいしさをお届けしています。

とんかつまい泉のおすすめポイント

jojoenbento.jpeg

ジューシーで柔らかな豚肉が挙げられます。まい泉は毎日世界中から豚肉を取り寄せ、基準をクリアした豚肉だけを揚げているのです。下ごしらえにも余念がありません。豚肉の筋を挽き繊維を叩いてほぐす作業には、手間暇がかかります。しかし、毎日の下ごしらえに妥協や手抜きが、一切ないのです。

jojoenbento.jpeg

まい泉の衣は自家製です。焼いたパンから、パン粉をつくっています。揚げ油もまい泉特製。何より、まい泉独自の「パン粉付けマイスター制度」の存在が特筆されるでしょう。パン粉付けマイスター制度とは、パン粉の付け方から揚げ方までを徹底的に訓練し、とんかつづくりのプロフェッショナルを育成する制度です。筆記試験や実技試験まであります。

jojoenbento.jpeg

おすすめポイントには、ソースも挙げられます。まい泉のソースは挽きたてのスパイスや新鮮な野菜や果物を材料に製造したものです。創業当時から試行錯誤を重ね続け、現在のレシピが出来上がったとされます。「甘口」「辛口」「サンド用」「黒豚用」とすべての人に喜んでもらえるようお好みや用途に合わせて4種類のソースがあります。

おすすめの商品一覧

お弁当デリのとんかつまいの店泉の店舗一覧

関東エリアの東京・神奈川・千葉・埼玉、関西エリアの中大阪・兵庫・京都・奈良までとんかつまい泉のお弁当をお届けいたします。