【2022年最新!】うなぎ弁当で人気のおすすめ弁当やお店を紹介

【2022年最新!】うなぎ弁当で人気のおすすめ弁当やお店を紹介

高級感が漂う縁起物のスタミナ弁当

うなぎ弁当には、高級感が一際漂います。真夏のスタミナ弁当としても人気です。弁当としては割高ですが、それに見合うだけの満足感を得られますし、縁起物としても重宝するでしょう。宅配のうなぎ弁当は、うな重のような一品物から懐石風の御膳まで、バリエーションも豊富です。うなぎ自体が栄養満点なので、ちょっとした贅沢にうなぎ弁当をデリバリーして、心身共にリフレッシュしてみてはいかがでしょう。

​▽ 関東エリアにお届けできるおすすめのお弁当

東京・神奈川・埼玉・千葉に配達できる弁当をご案内します。

(新)上うなぎ重 二段弁当

2160

円(税込)

うなぎちらし御膳

1620

円(税込)

うな重(上)

2376

円(税込)

鰻巻き入り 特上うな重(漬物付き)

2980

円(税込)

うなぎ弁当 竹

2800

円(税込)

【温まる】うな重特上

2700

円(税込)

うなぎ弁当 蘭

3980

円(税込)

鰻と穴子の牛カルビのスタミナ満点弁当

2480

円(税込)

うな重(特上)

3080

円(税込)

鰻と穴子の豚しゃぶ弁当

2484

円(税込)

うなぎ弁当 梅

2320

円(税込)

【温まる】うな重

2160

円(税込)

うなぎ弁当 松

3250

円(税込)

うなぎ弁当(漬物付き)

2160

円(税込)

「極」厳選うなぎちらしと特選牛すき焼きとステーキの三色重

2160

円(税込)

うなぎ飯御膳(松)

3132

円(税込)

うなぎと和牛しぐれ弁当(漬物付き)

2160

円(税込)

特撰うなぎとろろ重

2160

円(税込)

​▽ 人気の弁当屋3選

うなぎ弁当をさがす時のポイント

成績や業績を上げたい方にはぜひ

うなぎ弁当は、縁起物としてもよく知られます。テストの点数・営業成績・株価……。こういった数字を上げたい方は、成績や業績の「うなぎのぼり」を目指して、少し高級なうなぎ弁当で景気付けをしてみてはいかがでしょう。

スタミナ不足の方にはぜひ

うなぎは、ミネラルやA・B1・B2・D・Eなどのビタミン類に加えて、DHA・EPAなど豊富な栄養が含まれる食材です。「最近仕事で疲れを感じる……」。そんな方には、スタミナ回復&がんばる自分へのご褒美として、うなぎ弁当をおすすめします。

​▽ 関西にお届けできるオススメの弁当

大阪・兵庫・京都・奈良に配達できる弁当をご案内します。

彩り二段御膳 ~うなぎのひつまぶし~

1500

円(税込)

彩り二段御膳 ~極上うな重~

3000

円(税込)

厳選牛ステーキ(山葵添え)とうなぎの特上御膳

2380

円(税込)

ミニうな重と天ぷらの御弁当

1280

円(税込)

鳳凰箱 国産うな重と金目鯛の煮付2段御膳

2700

円(税込)

あつあつ!うな重 (特上)

2800

円(税込)

あつあつ!うな重 (上)

2480

円(税込)

彩り菜膳 ~うなぎご飯~

2160

円(税込)

こい希のうな重 ~特上~

2160

円(税込)

鰻巻き入り うなぎと和牛しぐれ弁当(漬物付き)

2380

円(税込)

鰻巻き入り 特上うな重(漬物付き)

2980

円(税込)

彩り二段御膳 ~うな重~

2160

円(税込)

特上うな重(漬物付き)

2700

円(税込)

こい希のうな重

1620

円(税込)

オリジナルの”うなぎの弁当コラム”

うなぎ弁当に関連して、「土用丑の日(どよううしのひ)」という言葉をよく耳にします。皆さんは土用丑の日がいつ頃を指すのか、ご存知でしょうか。「土用丑の日」とは、「土用の間の十二支が丑の日」を指しますが、私たちにはあまりなじみのない単語が並びます。一般的には、「夏の」土用丑の日のことを、単に土用丑の日と言うことが多いので、夏の土用丑の日とはいつ頃なのか、その由来を簡単に紹介しましょう。土用丑の日とは、旧暦で使われていた季節の呼び名です。旧暦は1年を春夏秋冬で4等分し、さらにそれぞれを6等分した、明治以前の日本のカレンダー。旧暦で使われた「立春」「立秋」「大寒」といった区分は、今でもよく耳にする言葉でしょう。「土用」とは、旧暦における「立春・立夏・立秋・立冬の直前18日間」を指します。現代では日にちを「1日・2日・3日……」と数えますが、昔は十二支を使って「子・丑・寅・卯……」と数えていました。つまり、夏の土用丑の日とは、「立秋直前の18日間(土用)のうち、最初から2番目(丑)の日」ということです。新暦では夏の土用丑の日は年ごとに変動しますが、おおむねお盆の期間に該当します。この時期は、ちょうど梅雨明けから真夏の盛りです。体力を失いやすい時期なのは、今も昔も変わりません。夏の土用丑の日は、うなぎを食べてスタミナをつけ、真夏の暑さを乗り切ろうという、昔の人の願いが込められた風習なのです。

他のジャンルから弁当を探す

0810_和食弁当特集.jpg
0909_洋食.jpg
0404_中華弁当特集.jpg
0723_焼肉弁当特集.jpg
0303_さかな特集.jpg
0303_うなぎ特集.jpg
0819_おにぎり特集.jpg
1050×450 とんかつ特集_LP用.jpg
0909_カフェめし.jpg
0909_丼もの.jpg
1128_サンドイッチ特集_300_95.jpg
1129_resize_カレー特集_300_95.jpg
220826_幕の内弁当特集.jpg
220826_のり弁特集.jpg
220826_ステーキ弁当特集.jpg
220905_海鮮弁当特集.jpg
220825_懐石弁当特集.jpg
220826_オシャレ仕出し弁当特集.jpg
220913_すき焼き特集.jpg
220913_朝食向け商品特集.jpg
220914_唐揚げ弁当特集.jpg
220914_ハンバーグ弁当特集.jpg
220922_高級弁当特集.jpg
220921_ヘルシー弁当特集.jpg
220921_松花堂弁当特集.jpg
220921_野菜弁当特集.jpg