top of page

【2024年最新!】行楽弁当で人気のおすすめ弁当やお店を紹介

【2024年最新!】行楽弁当で人気のおすすめ弁当やお店を紹介

和洋中すべてそろう豊富なラインアップ

お弁当デリの行楽弁当は、サンドイッチ・中華・お寿司などラインアップが豊富です。どの弁当も非常にカラフル。彩り豊かなおかずの数々が、行楽気分をさらに盛り上げてくれるでしょう。価格的にも、数百円から2,000円を超える弁当までそろいます。カジュアルスタイルの王道弁当から高級感が漂う御膳まで、バラエティ豊かです。大人数用のオードブルタイプもあります。予算や人数に合わせて、最適な弁当をデリバリーすることが可能なのです。

​▽ 関東エリアにお届けできるおすすめのお弁当

東京・神奈川・埼玉・千葉に配達できる弁当をご案内します。

【彩り】鶏山椒焼と二色のそぼろ弁当

1800

円(税込)

ハンバーグサンド

800

円(税込)

ハニーマスタードチキンサンド

1296

円(税込)

虎徹宴(こてつうたげ)

1350

円(税込)

宴七星剣(うたげしちせいけん)

1050

円(税込)

パーティーサンドS(5種)

1620

円(税込)

粋

1318

円(税込)

日本橋

2808

円(税込)

おむすび3個セット(ご予算控えめ)【朝4時~お届けご相談可能】

680

円(税込)

天むすミックス

820

円(税込)

ひとくちおこわ 松阪牛すき焼き風 3個入り

583

円(税込)

鍛刀宴(たんとううたげ)

1550

円(税込)

プレミアムBOX C

1800

円(税込)

サンドBOX おかず入りA

540

円(税込)

【彩り温野菜のわっぱ二段弁当】 塩麴仕込の厳選牛ステーキわっぱ弁当

2160

円(税込)

ひとくちおこわ 穴子 3個入り

583

円(税込)

7種野菜のサラダとOrganic国産牛ローストサンドイッチBOX

2360

円(税込)

大粒しゅうまいとチャーハン二段弁当

1080

円(税込)

上方寿司 朱雀

929

円(税込)

小町

1296

円(税込)

上方寿司 花宴

940

円(税込)

荘園

2214

円(税込)

若紫

1059

円(税込)

ひとくちおこわ 梅とちりめん 3個入り

583

円(税込)

おむすび3個セット(お好みセレクト)【朝4時~お届けご相談可能】

864

円(税込)

​▽ 人気の弁当屋3選

行楽弁当をさがす時のポイント

お母さんの負担を軽くしてあげる時にはぜひ

せっかく行楽に出かけるのなら、事前準備にあまり手間をかけたくないお母さんも多いでしょう。前日に行楽弁当をデリバリーしておけば、お弁当を作る手間を削減できます。お母さんの負担を軽くしてあげるのに、とても役立つはずです。

ちょっとリッチなピクニックにはぜひ

コロナ禍で外出を控える日々が続きました。この数年行楽を楽しめず、気が滅入っている方も多いはずです。日頃の鬱憤を晴らすためにも、有名店のおいしい行楽弁当を持参して、ちょっとリッチにピクニックを楽しんではいかがでしょう。

​▽ 関西にお届けできるオススメの弁当

大阪・兵庫・京都・奈良に配達できる弁当をご案内します。

彩り菜膳 ~牛ローストビーフ~

2376

円(税込)

彩り天龍御膳

2700

円(税込)

ノスティモ[857]

1620

円(税込)

鮭塩焼きと明太子彩り野菜カツのダブル弁当

880

円(税込)

タイーム[856]

1620

円(税込)

オリジナルの”行楽弁当コラム”

私たち日本人にとっての2大行楽行事と言えば、「花見」と「紅葉狩り」でしょう。花見と紅葉狩りは、鑑賞する花が違うだけではありません。元々の由来に、かなり大きな違いがあります。花見は平安時代の貴族が始めた風習で、桜の花を楽しむことで春の訪れを感じるのが目的でした。京都二条城付近に咲く桜を、天皇が行幸されたのが由来とされます。武士の時代を経て江戸時代には、現在のようなお酒と共に庶民が楽しむ行楽として定着したようです。花見にお酒は欠かせませんが、花見でお酒を飲む理由にも由来があります。元々は、桜の木に降りてくる神様のために用意された、お供え品の一つがお酒だったのです。本来は、お酒を神様にお供えした後に人間がありがたく頂戴するのが、花見の正式なスタイルでした。現在では、お供えのステップが省略されているのは、皆さんもご存知の通りです。紅葉狩りも元々は貴族の風習で、色づいた紅葉を折って「かんざし」にしたり、香りを楽しんだりする行楽だったようです。紅葉を「折る」行為が「狩る」行為を連想させるので、「紅葉狩り」と呼ばれるようになりました。花見は神様への感謝が、紅葉狩りは個人的な娯楽が由来の行楽なのです。現在の花見はお酒を飲むイベントという側面が強いので、行楽弁当のおかずも、お酒のつまみに合うものがよいでしょう。紅葉狩りの季節は野菜が旬の季節なので、行楽弁当のおかずも旬の野菜が並ぶものを選ぶと、風流を感じられるかもしれません。

他のシーンから弁当を探す

bottom of page