top of page

【2024年最新!】法事・法要向けの弁当で人気のおすすめ弁当やお店を紹介

【2024年最新!】法事・法要向けの弁当で人気のおすすめ弁当やお店を紹介

参列者への感謝の気持ちを表すために

法事・法要を控えた施主の方にとって、参列者にお出しする弁当をどうするかは、頭を悩ませるポイントではないでしょうか。せっかく足を運んで頂いた参列者の方に、ワンコイン弁当をお出しする訳にはいきません。お弁当デリなら、高級感のある弁当が2,000円~3,000円でデリバリーできます。5,000円を超える最高級弁当もご用意しているので、参列者への感謝の気持ちを表すためには、この上ない一品となってくれるでしょう。

​▽ 関東エリアにお届けできるおすすめのお弁当

東京・神奈川・埼玉・千葉に配達できる弁当をご案内します。

上野の杜

1350

円(税込)

吾嬬(あずま)

2160

円(税込)

しのばず

1242

円(税込)

演舞場幕の内 あじさい

3780

円(税込)

両国(りょうごく)

3000

円(税込)

春霞

3240

円(税込)

碧(みどり)

2160

円(税込)

【お弁当デリ限定】谷根千 ~やねせん~

1188

円(税込)

六角二段

2484

円(税込)

野菜ちらし寿司と彩り9升の三段弁当

2160

円(税込)

永代(えいたい)

2400

円(税込)

すき焼き御膳

2916

円(税込)

あすか川

4320

円(税込)

演舞場幕の内 すいせん

4860

円(税込)

花澄(かすみ)

1836

円(税込)

三輪

2160

円(税込)

折づる

2376

円(税込)

おかかご飯とごぼうつくねハンバーグの彩り御膳

1994

円(税込)

三輪肉

2484

円(税込)

かすが野

5400

円(税込)

演舞場幕の内御膳 らん

7000

円(税込)

​▽ 人気の弁当屋3選

法事・法要向けの弁当をさがす時のポイント

ある程度の出費は覚悟する

法事や法要の参列者には、値段的にもそれなりの弁当を用意しなければならないでしょう。ある程度の出費は、覚悟しなければなりません。思い切って少し値段の張る、高級仕出し弁当を頼んだ方が無難です。

お子さまには特別な配慮を

法事や法要では、懐石風の弁当が多くなります。おかずが自然と和食に偏るので、お子さまにとってはあまり食が進まない弁当かもしれません。お子さま向けに、ハンバーグや唐揚げが付いた弁当を、別口で頼むと喜ばれるでしょう。

​▽ 関西にお届けできるオススメの弁当

大阪・兵庫・京都・奈良に配達できる弁当をご案内します。

オリジナルの”法事・法要向けのお弁当コラム”

お坊さんにお経を読んでもらう儀式を法要、法要と法要後の会食を含めた一連の儀式を法事と呼びます。自宅にお坊さんを招き読経してもらった後、そのまま自宅で会食するのが最近の法事の主流かもしれません。自宅で会食する際には、宅配の仕出し弁当を頼むことになりますが、自宅でおこなう法事には、メリット・デメリット・注意点があります。自宅で法事をおこなう最大のメリットは、予算を抑えられることです。ホテルの宴会場や料理屋さんを使うよりも、デリバリー弁当の方がはるかに安く済みます。法事は何かとお金がかかるので、3,000円台で相当なグレードの弁当を頼めるメリットは大きいでしょう。事前の準備と後片付けが大変なのがデメリットで、自宅全体の大掃除はもちろん、仏壇周りは特に念入りに清掃しなければなりません。どんなに掃除に手慣れた方でも、半日は必要になるでしょう。10人単位の出席者を収容できる広い部屋と、会食のための大きなテーブルも必要になります。駐車場を確保できるかどうかも、大きなポイント。駐車場はご近所さんとのトラブルに発展しやすい問題なので、事前の根回し(ご近所さんへの説明)が必要です。もう1点。自宅での法事はリラックスした雰囲気の中でおこなわれるので、施主にとってはかえって、気疲れすることが多くなります。親族の集まる法事では、何かとトラブルが発生することが珍しくありません。特に、長らく顔を合わせていない親族が集まる場合や、親族の中に関係があまりよくない方々がいる場合、施主はひどく疲れます。このような場合、お酒が入ると揉めごとが発生しやすくなるので、会食の際にはお茶や水だけを用意しておいた方が賢明かもしれません。

他のシーンから弁当を探す

bottom of page