top of page

【2024年最新!】パワーランチ向けの弁当で人気のおすすめ弁当やお店を紹介

【2024年最新!】パワーランチ向けの弁当で人気のおすすめ弁当やお店を紹介

おいしい弁当でパワーランチを有意義に

「会議+昼食」を意味するパワーランチ。最近日本の会社でも導入が進んでいますが、会議重視なのか昼食重視なのかを見極めるのが、難しいイベントかもしれません。弁当選びがパワーランチの雰囲気を決めると言っても、過言ではないでしょう。昼食に何を食べるのかは、午後からのテンションを大きく左右するポイント。おいしい弁当を食べて午後からも頑張れるパワーを蓄えるためにも、お弁当デリのパワーランチ向け弁当はいかがでしょう。

​▽ 関東エリアにお届けできるおすすめのお弁当

東京・神奈川・埼玉・千葉に配達できる弁当をご案内します。

いろいろ弁当

1080

円(税込)

特選もち豚とサーモン弁当

1800

円(税込)

BLATサンド

1188

円(税込)

新・焼肉弁当

650

円(税込)

【お弁当デリ限定】秋桜

1180

円(税込)

【メークイン付】ビーフカレー

1296

円(税込)

洋風オムライス&チーズハンバーグ弁当

1620

円(税込)

牛カルビ 味噌タン弁当

1800

円(税込)

【お弁当デリ限定】朝顔

1180

円(税込)

ふたごの幕の内弁当

980

円(税込)

ビーフステーキわっぱ弁当

1188

円(税込)

和牛のすき焼重と彩り御膳

2300

円(税込)

(新)牛たん3色丼弁当

880

円(税込)

カルビ弁当

3400

円(税込)

オムライス弁当

1080

円(税込)

​▽ 人気の弁当屋3選

パワーランチ向けの弁当をさがす時のポイント

会議重視の時にはシンプルに

ディスカッション重視のパワーランチでは会話の妨げとならないよう、サンドパックなど単品系のシンプルな弁当をおすすめします。経営者同士の情報交換の場には、高級感を演出できるので、うなぎ弁当などはいかがでしょう。

昼食重視の時にはバラエティー豊かに

カジュアルなパワーランチの場では、おかずが豊富な弁当を選ぶとよいでしょう。会話が弾みますし、何と言っても場の雰囲気が和みます。1,500円前後の弁当を頼むと、おかずのバラエティー感がアップするので、パワーランチがより楽しく進むはずです。

​▽ 関西にお届けできるオススメの弁当

大阪・兵庫・京都・奈良に配達できる弁当をご案内します。

べジ惣菜5種のチキン南蛮弁当

900

円(税込)

特製ダレのチンジャーロース弁当

810

円(税込)

こい希のうな重 ~特上~

2160

円(税込)

Gateオムライス&超粗びき手ごねデミハンバーグ

830

円(税込)

黒豚そぼろの二色弁当

788

円(税込)

チーズハムタマゴサンド

756

円(税込)

チキン南蛮弁当[206]

918

円(税込)

和牛焼肉3種盛り2段重

2160

円(税込)

べジ惣菜5種のフィッシュオーバーライス弁当

900

円(税込)

油淋鶏の中華弁当

800

円(税込)

開運箱 鯛めしと天然鰤の照焼き膳

1188

円(税込)

オリジナルの”パワーランチのお弁当コラム”

語感的に、「ランチにレバニラやかつ丼を食べてパワーを付ける」と誤解されやすい用語かも知れませんが、「会議+昼食」を意味するビジネス用語がパワーランチです。パワーランチの由来は、はっきりしません。一説には、シリコンバレーの起業家がランチを兼ねたプレゼンテーションに投資家を招待し、投資(パワー)を集めたのが始まりとされます。本格的な会議よりはカジュアルで、純粋なランチよりは重みがあるイメージが近いかもしれません。効率性重視の観点から、日本の会社でもパワーランチを導入する会社が増えていますが、導入に際してはそのメリットとデメリットを把握する必要があるでしょう。
パワーランチのメリットは、以下の通りです。
○ふつうの社内会議よりもリラックスできるので意見が言いやすい
○その後の展開(会議後の飲み会など)を心配しなくても済む
パワーランチのデメリットは、以下の通りです。
○事実上、お昼の休憩時間がなくなる
○一日中仕事をしている感覚になる
パワーランチを導入する際は、会議重視なのか昼食重視なのかを、企画立案者が事前に設定することが大切です。目的に応じて弁当を使い分け、参加者がなるべくデメリットを感じずに済むよう配慮すると、パワーランチは会社にとって有益な試みとなるでしょう。

他のシーンから弁当を探す

bottom of page