top of page

【2024年最新!】揚げ物の弁当で人気のおすすめ弁当やお店を紹介

【2024年最新!】揚げ物の弁当で人気のおすすめ弁当やお店を紹介

サクッとジューシーな味わい

魚や鶏肉など、さまざまな食材が揚げ物としてついている揚げ物弁当。タルタルソースや醤油、揚げ物用のソースをかけて食べると、さらに美味しさが引き立ちます。電子レンジで温めれば、まるで作りたてのようなジューシーな揚げ物を食べられるのも魅力です。会議や職場の昼休みなどにホカホカの揚げ物弁当を食べれば、午後に頑張るためのエネルギーになります。ご飯や他のおかずもボリューム満点で、お腹を満たせるお弁当の代表格です。

​▽ 関東エリアにお届けできるおすすめのお弁当

東京・神奈川・埼玉・千葉に配達できる弁当をご案内します。

ボリューム満点MIXフライ弁当

756

円(税込)

ボリューム満点MIXフライ弁当DX

972

円(税込)

鯖の竜田揚げ弁当

1000

円(税込)

ミックスフライ弁当

1080

円(税込)

海老と帆立貝のセモリナ粉揚げ

1800

円(税込)

新・唐揚げ弁当

650

円(税込)

ステーキ&角煮揚げ重

2160

円(税込)

味むすび唐揚げセット A

460

円(税込)

幕の内唐揚げ弁当

720

円(税込)

厳選揚げ鶏のチリソース膳

1080

円(税込)

味むすび唐揚げセット C

460

円(税込)

【期間限定】本格ジューシー唐揚げ弁当(醤油)

800

円(税込)

エビフライ弁当

2480

円(税込)

​▽ 人気の弁当屋3選

揚げ物の弁当をさがす時のポイント

揚げ物の具材で選ぶ

揚げ物の代表格である鶏の唐揚げ、白身魚フライなど、揚げ物にはさまざまな種類があります。好きな具材で作られた揚げ物を頬張れば、満足感がたっぷり得られます。揚げ物にかけるソースで、味の変化を楽しむのもよいでしょう。

お弁当のボリュームで選ぶ

スポーツマンや肉体労働者の男性なら、ご飯や揚げ物のボリュームが多くがっつりと食べられるお弁当。職場のランチで気分転換に食べたい女性なら、普通サイズのお弁当で少しヘルシーに食べられます。

​▽ 関西にお届けできるオススメの弁当

大阪・兵庫・京都・奈良に配達できる弁当をご案内します。

白身フライとミートコロッケ[208]

756

円(税込)

特選サーロインステーキ・鶏の唐揚げ・しゃぶしゃぶのローストビーフ重

1280

円(税込)

ヒレかつ&海老フライ弁当(小)

780

円(税込)

鶏の唐揚げ&牛焼肉膳

1280

円(税込)

地鶏揚げ鶏弁当

750

円(税込)

旨塩地鶏唐揚げ&黒毛和牛手ごねハンバーグステーキ弁当

1100

円(税込)

塩糀唐揚げ弁当

1061

円(税込)

播州甘辛揚げと豚しゃぶコンビ満腹弁当

580

円(税込)

秘伝の唐揚げ&黒毛和牛手ごねハンバーグステーキ弁当

1000

円(税込)

ロースかつ&海老フライ弁当(小)

780

円(税込)

たむらの焼肉&ミックスフライ

980

円(税込)

自家製デミグラスハンバーグ・鶏の唐揚げ・しゃぶしゃぶのローストビーフ重

1280

円(税込)

オリジナルの”揚げ物の弁当コラム”

揚げ物の弁当の中でも定番の唐揚げは、江戸時代初期に中国から日本へ伝来しました。当時の唐揚げは現在の唐揚げと違って、油で揚げて豆腐を小さく切って、醤油や酒で味付けされた食べ物だったそうです。現在の唐揚げに近い料理法を「煎出 (いりだし)」や「衣かけ」とも呼ばれていました。愛媛県今治市には、日本の唐揚げの原点ともされる郷土料理「せんざんき」があります。「藩政時代に千さんという人が考案した」「鶏を細かく切っていたから千斬切(せんざんき)といわれた」など、由来には諸説あります。現在の唐揚げが初めて外食メニューに登場したのは1942年(昭和7年)頃です。現在の三笠会館の前身「食堂・三笠」で提供されていました。当時の「食堂・三笠」の料理長が、営業不振を打開するために若鶏の唐揚げをメニューとして取り入れたのが始まりです。外食メニューのみだった唐揚げが、一般家庭にも普及するようになったのは戦後のことです。太平洋戦争で食糧難に陥った日本は、国の政策で養鶏場を各地に建設しました。鶏肉が食材として広く流通するようになり、そして鶏肉を美味しく食べる料理として唐揚げが広まりました。こうした唐揚げの歴史があったからこそ、さまざまな揚げ物弁当が楽しめるのです。

他のジャンルから弁当を探す

bottom of page