top of page

【2024年最新!】カフェ飯弁当で人気のおすすめ弁当やお店を紹介

【2024年最新!】カフェ飯弁当で人気のおすすめ弁当やお店を紹介

インスタ映えするお洒落な弁当

おしゃれなカフェの人気メニューが、手軽にデリバリーで楽しめると評判のカフェ飯弁当。オーガニック食材を使った弁当が多く、シェフのこだわりが色濃く反映されたメニューは、美味しい上にヘルシーです。軽食風の弁当が多いので、ボリュームも値段もお手ごろ。おしゃれな盛り付けは、インスタ映えすること間違いなしでしょう。女性ウケが抜群なので、女子会のような集まりには重宝する宅配弁当です。

​▽ 関東エリアにお届けできるおすすめのお弁当

東京・神奈川・埼玉・千葉に配達できる弁当をご案内します。

ガパオライス&ハーブチキン弁当

1080

円(税込)

和風ポークステーキ弁当

972

円(税込)

ローストポーク弁当

972

円(税込)

ローストビーフ弁当

1080

円(税込)

バジルチキンライス

1296

円(税込)

ジンジャーチキン&トマト肉味噌ごはん弁当

1080

円(税込)

【お弁当デリ限定】シンガポール風チキンライス弁当

1080

円(税込)

​▽ 人気の弁当屋3選

カフェ飯弁当をさがす時のポイント

女性の集まりにはぜひ

ヘルシーさ、盛り付けの華やかさ、適度なボリューム感。シェフのセンスとバランス感覚が光る弁当が多いので、カフェ飯弁当は女性が多数参加するシチュエーションにあると、とても喜ばれます。

ご褒美&パワーチャージにはぜひ

ヘルシーなだけでなく、「黒毛和牛」「天然真鯛」「イベリコ豚」など、普段なかなか口には入らない、高級感満載のメニューがカフェ飯弁当には並びます。がんばった方や疲れ気味の方の、ご褒美&パワーチャージにいかがでしょう。

​▽ 関西にお届けできるオススメの弁当

大阪・兵庫・京都・奈良に配達できる弁当をご案内します。

特選黒毛和牛ビフカツサンド

1380

円(税込)

開きエビフライ&特製オムライス&神戸牛100%粗びきハンバーグ御膳

2270

円(税込)

天然真鯛のムニエル&神戸牛薄切り焼肉&天然エビフライ

2270

円(税込)

ダブルHOTDOGサンド

1000

円(税込)

Gateオムライス&から揚げ・季節の8種サラダ

730

円(税込)

黒毛和牛粗びきハンバーグサンド

950

円(税込)

オリジナルの”カフェ飯の弁当コラム”

「カフェ」と「喫茶店」。普段はあまり厳密に使い分けませんが、これら2つは何が違うのでしょう。歴史的な経緯と、営業許可の面から迫ります。カフェの発祥はヨーロッパ。元々は「coffee(コーヒー)」を指す言葉で、「コーヒーが飲めるお店」というニュアンスがありましたが、現在では飲食店全般を指します。日本でも明治以降、飲食店全般を指す呼び名として、カフェという名称が定着しました。鎌倉時代の日本には「喫茶」という、中国発祥の健康のためお茶を飲む習慣があったようです。昔の日本人は、「食べる・飲む・吸うこと全般」を「喫う(すう)」と表現しました。その名残が今も、喫茶店に残っているのです。ヨーロッパに由来するのがカフェ、中国に由来するのが喫茶店と言えるでしょう。カフェと喫茶店は、「営業許可」も違います。「飲食店営業許可」を取っているお店が「カフェ」、「喫茶店営業許可」を取っているお店が「喫茶店」です。これら2つの営業許可にはいくつかの違いがありますが、大きな違いは「お酒の提供ができるかどうか」。お酒を提供できるのが飲食店営業許可(カフェ)、提供できないのが喫茶店営業許可(喫茶店)と大別してよいかもしれません。ただし、法律上の制限がないので、呼び名(自称)は自由です。飲食店営業許可(カフェの営業許可)を取っている店が、喫茶店を名乗っても問題ありません。お酒が飲める喫茶店は、飲食店営業許可を取って喫茶店と名乗っているお店なのでしょう。

他のジャンルから弁当を探す

bottom of page