top of page

【2024年最新!】しゃぶしゃぶ弁当で人気のおすすめ弁当やお店を紹介

【2024年最新!】しゃぶしゃぶ弁当で人気のおすすめ弁当やお店を紹介

しゃぶしゃぶを贅沢に盛り付けたお弁当

上質なお肉を使ったしゃぶしゃぶを、ご飯とおかずと共にじっくり味わえるお弁当です。お肉のしっかりとした歯ごたえと濃厚なタレのハーモニーを楽しめます。お子様から大人まで、誰でも美味しく食べられるのが魅力です。自宅や職場ではもちろん、特別な会議やパーティなどのおもてなしにもぴったり。アウトドアやスポーツの合間に食べればスタミナをつけられます。肉厚でジューシーなしゃぶしゃぶを、場所を問わず贅沢に堪能できます。

​▽ 関東エリアにお届けできるおすすめのお弁当

東京・神奈川・埼玉・千葉に配達できる弁当をご案内します。

A4和牛の甘ダレ焼きしゃぶとローストビーフ御膳

1620

円(税込)

黒毛和牛焼しゃぶ二段弁当

2052

円(税込)

冷やし豚しゃぶライス(おろしポン酢)

1188

円(税込)

牛すきと豚しゃぶの肉盛り弁当【上】

2160

円(税込)

国産トモバラ牛すきと豚しゃぶの肉盛り弁当

2160

円(税込)

A4和牛焼きしゃぶと常陸牛入りハンバーグ弁当

3400

円(税込)

香味豚しゃぶと季節野菜のお弁当

1280

円(税込)

牛しゃぶポン酢弁当

756

円(税込)

豚ロースしゃぶポン酢ジュレと鶏もも肉の香草パン粉焼き

1080

円(税込)

牛すきと豚しゃぶの肉盛り弁当

1944

円(税込)

牛カルビ焼きと豚しゃぶの肉盛り弁当

2052

円(税込)

Deli弁当 白身魚と豚しゃぶネギぽん

972

円(税込)

豚しゃぶおろしぽん酢幕の内弁当

890

円(税込)

豚しゃぶとチャーハン弁当

1480

円(税込)

国産トモバラ牛すきと豚しゃぶの肉盛り弁当【上】

2376

円(税込)

豚しゃぶ二段弁当

1512

円(税込)

​▽ 人気の弁当屋3選

しゃぶしゃぶ弁当をさがす時のポイント

タレの味で選ぶ

さっぱりとした和風ポン酢ダレ、クリーミーで濃厚な胡麻ダレなど、しゃぶしゃぶにはさまざまなタレが使われています。お好みのタレの味を選べば、しゃぶしゃぶ弁当をより楽しく味わえます。

シチュエーション別に選ぶ

体力を使うアウトドアやスポーツの時は、スタミナをつけるためにお肉とご飯を多めに。特別な会議やパーティでしゃぶしゃぶ弁当を振る舞う時は、おかずもふんだんに盛り込んで鮮やかにすると喜ばれるでしょう。

​▽ 関西にお届けできるオススメの弁当

大阪・兵庫・京都・奈良に配達できる弁当をご案内します。

厳選しゃぶしゃぶと鰻重御膳

1620

円(税込)

豚しゃぶ弁当

1061

円(税込)

サイコロステーキ・デミグラスハンバーグ・しゃぶしゃぶの魚の塩焼きのせご飯

1500

円(税込)

鶏のネギ塩炒め・魚の塩焼き・しゃぶしゃぶの焼肉カルビ重

1080

円(税込)

特選サーロインステーキ・魚の塩焼き・しゃぶしゃぶのローストビーフ重

1280

円(税込)

焼き魚と厳選牛しゃぶしゃぶのおもてなし御膳

1940

円(税込)

厳選しゃぶしゃぶと炊き込み御膳

1080

円(税込)

笑福箱 神戸牛しゃぶしゃぶとお蕎麦の鯛めし御膳

1720

円(税込)

ローストビーフ&しゃぶしゃぶと炊き込み御膳

1280

円(税込)

オリジナルの”しゃぶしゃぶの弁当コラム”

しゃぶしゃぶの起源となる料理は、第二次世界大戦後に中国から日本へ伝わった火鍋料理「シュワ・ヤン・ロウ」といわれています。当時の中国では、牛肉ではなく羊の肉が使用されていました。1946年(昭和21年)に、京都の料理店で「牛肉の水炊き」として初めて提供されました。「しゃぶしゃぶ」という名前がついたのは、その6年後です。

1952年(昭和27年)、大阪の高級肉料理店スエヒロで「牛肉の水炊き」に「しゃぶしゃぶ」の名が付きました。お店の従業員がおしぼりをたらいでジャブジャブとすすいでいる音と、肉をだし汁にくぐらせる音が似ていたことが名前の由来です。

昭和の終戦後に中国から日本に入ってきて以来、しゃぶしゃぶは時代の変化と共に一般家庭の食卓にも並ぶようになりました。現在では、全国各地でさまざまな材料を使ったご当地しゃぶしゃぶも出ているほど、多くの人々から親しみをもたれています。

しゃぶしゃぶ肉は、牛肉以外では鶏肉・豚肉などの種類があります。お肉の種類や柔らかさを考えて調理してもらえば、家族みんなで楽しくしゃぶしゃぶ弁当を食べられますよ。おかずの盛り付け方次第では、お弁当全体が華やかになって食欲がそそられるでしょう。

他のジャンルから弁当を探す

bottom of page