【2022年最新!】ヘルシー健康弁当で人気のおすすめ弁当やお店を紹介

【2022年最新!】ヘルシー健康弁当で人気のおすすめ弁当やお店を紹介

心と体に優しい弁当

温野菜や十八穀米など、健康に配慮したお弁当デリのヘルシー弁当。野菜好きな方のために、ヴィーガン弁当も用意しています。見た目がカラフルな弁当が多いので、体だけでなく気持ちも明るくしてくれるはずです。1,000円程度のお手頃価格の弁当が多いのも特徴ですが、たとえば肉が主体でもボリューム感を出しつつ、素材や調理法などで健康に配慮した弁当が多いのも特徴の一つ。健康に気を使いながら、それなりに迫力のある弁当を食べたい時にもうってつけでしょう。

​▽ 関東エリアにお届けできるおすすめのお弁当

東京・神奈川・埼玉・千葉に配達できる弁当をご案内します。

健康・チキンステーキ弁当

1500

円(税込)

ヘルシー御膳

1620

円(税込)

<脂質オフ>鳥のヘルシー弁当

500

円(税込)

鯖みそ煮ヘルシー

864

円(税込)

豆腐入り手ごねハンバーグと牛ステーキの十六穀ご飯弁当

1080

円(税込)

7種野菜のサラダとOrganic BLTサンドイッチBOX

1780

円(税込)

野菜たくさんヘルシー松花堂弁当

1280

円(税込)

グリーンカレー

750

円(税込)

焼肉ヘルシービビンバ弁当

890

円(税込)

スリランカプレートA(チキン)

1404

円(税込)

【彩り】炭焼サーモンと二色のそぼろ弁当

2300

円(税込)

【彩り温野菜のわっぱ二段弁当】 塩麹鶏の香り柚子胡椒焼わっぱ弁当

1620

円(税込)

【彩り】炭焼ローストビーフと二色のそぼろ弁当

2300

円(税込)

ヘルシーチキンBOX(BBQチキン)

650

円(税込)

ヴィーガンLunch BOX

1480

円(税込)

ヘルシーチキンBOX(スパイシーコブソース)

650

円(税込)

ヘルシービーフステーキBOX

920

円(税込)

mildon×鳥ももの南蛮 二段重ねBENTO

1890

円(税込)

健康・照り焼きチキン弁当

1500

円(税込)

​▽ 人気の弁当屋3選

健康弁当をさがす時のポイント

定期的な健康食としてぜひ

一般的に健康重視の弁当は、ガッツリ系を得意とする方には少し物足りない弁当かもしれません。しかし、お弁当デリの健康ヘルシー弁当は、内容的にもかなり迫力があるので、健康重視の方はもちろんガッツリ系の方にも、定期的な健康食としておすすめします。

お年寄りにはぜひ

野菜だけでなく魚中心の弁当が多いので、お年寄りにはヘルシーな上に食べやすい弁当でしょう。魚よりも肉が好きな方でも大丈夫。焼肉好きなお年寄りでも不安なく食べられるよう、健康に配慮したメニュー構成になっているのも、おすすめポイントです。

​▽ 関西にお届けできるオススメの弁当

大阪・兵庫・京都・奈良に配達できる弁当をご案内します。

彩り菜膳 ~梅ご飯~

1080

円(税込)

Gateオムライス&超粗びき手ごねデミハンバーグ

830

円(税込)

べジ惣菜5種のチキン南蛮弁当

900

円(税込)

古都ぜいたく御膳

3078

円(税込)

べジ惣菜5種のフィッシュオーバーライス弁当

900

円(税込)

笑福箱 国産鰻とお蕎麦の鯛めし御膳

1940

円(税込)

冷しゃぶ弁当

750

円(税込)

べジ惣菜5種のガパオライス弁当

900

円(税込)

フィノム[855]

1296

円(税込)

オリジナルの”健康ヘルシーの弁当コラム”

生野菜と温野菜とでは、どのような違いがあるのでしょう。それぞれのメリットとデメリットを紹介しますので、ぜひ毎日の食事の参考にしてください。野菜には、過熱に弱いという弱点があります。過熱に弱いとは、加熱すると本来の栄養成分が失われるということです。野菜を調理せず生のままで食べると、野菜本来の栄養成分がそのまま体内に吸収されます。これが、生野菜を食べる最大のメリットです。一方、生野菜には食べてから消化するまで、時間がかかるデメリットもあります。消化に時間がかかると、体への負担にもつながるのが難点。たとえば、胃腸が弱っているからといって生野菜を大量に食べると、かえって胃腸に負担をかけることになるのです。温野菜のメリットには、加熱により「かさ(分量)」が減るので、一度に食べられる量が増えることが挙げられます。加熱により食べやすくなり、甘みが増すのもメリットでしょう。しかし、加熱による栄養成分の流出や破壊は、避けられません。温野菜のデメリットを最小限に食い止めるためには、スープとして調理することをおすすめします。野菜本体からは栄養素が流失しますが、スープの中に野菜の栄養素が充満するからです。温野菜のスープには、体調が悪い時に体を温めてくれる効果も期待できます。もう1点。温野菜としてではなく、炒めものとして野菜を加熱する時は、少量のお酢を加えるのがポイントになります。野菜の代名詞とも言えるビタミンCの加熱による破壊が、ある程度抑えられるからです。

他のジャンルから弁当を探す

0810_和食弁当特集.jpg
0909_洋食.jpg
0404_中華弁当特集.jpg
0723_焼肉弁当特集.jpg
0303_さかな特集.jpg
0303_うなぎ特集.jpg
0819_おにぎり特集.jpg
1050×450 とんかつ特集_LP用.jpg
0909_カフェめし.jpg
0909_丼もの.jpg
1128_サンドイッチ特集_300_95.jpg
1129_resize_カレー特集_300_95.jpg
220826_幕の内弁当特集.jpg
220826_のり弁特集.jpg
220826_ステーキ弁当特集.jpg
220905_海鮮弁当特集.jpg
220825_懐石弁当特集.jpg
220826_オシャレ仕出し弁当特集.jpg
220913_すき焼き特集.jpg
220913_朝食向け商品特集.jpg
220914_唐揚げ弁当特集.jpg
220914_ハンバーグ弁当特集.jpg
220922_高級弁当特集.jpg
220921_ヘルシー弁当特集.jpg
220921_松花堂弁当特集.jpg
220921_野菜弁当特集.jpg