top of page

【2024年最新!】焼き鳥・串焼き弁当で人気のおすすめ弁当やお店を紹介

【2024年最新!】焼き鳥・串焼き弁当で人気のおすすめ弁当やお店を紹介

おつまみにもランチにも合う焼き鳥・串焼き弁当

ジューシーな炭火焼の焼き鳥と串焼きを贅沢に弁当に入れました。お酒と一緒に食べるのはもちろん、ランチタイムでお腹を満たすのにもぴったりの弁当です。一度食べたら、焼き鳥と串焼きのジューシーさと弁当のボリュームに夢中になります。

味を楽しむだけではなく、肉でたんぱく質もしっかりと補給できます。時間帯を問わずにお腹を満たせて、栄養補給もできて一石二鳥です。ランチでもディナーでも、食べる人を満足させてくれます。

​▽ 関東エリアにお届けできるおすすめのお弁当

東京・神奈川・埼玉・千葉に配達できる弁当をご案内します。

和牛の炙り焼重と彩り御膳

2500

円(税込)

欧州暁(おうしゅうあかつき)

600

円(税込)

茸蛍丸(きのこほたるまる)

900

円(税込)

焼き鳥弁当

1100

円(税込)

ビーフケバブオーバーライス

1300

円(税込)

和牛のすき焼重と彩り御膳

2260

円(税込)

選べるおにぎり&焼き鳥弁当

648

円(税込)

特製鶏つくねと焼き鶏幕の内弁当

890

円(税込)

上ハラミと手作りハンバーグ御膳

2380

円(税込)

ビーフケバブオーバーライス セパレートBOX

1650

円(税込)

焼肉3種弁当

1080

円(税込)

こだま

1728

円(税込)

豪華幕ノ内御膳 焼き鳥

1190

円(税込)

ラムシシケバブ弁当

1600

円(税込)

国産ウナギと焼き鳥

2800

円(税込)

​▽ 人気の弁当屋3選

焼き鳥・串焼き弁当をさがす時のポイント

焼き鳥・串焼きの種類で選ぶ

焼き鳥や串焼きにもさまざまな種類があります。味の種類や使ってる肉など、お好みのメニューを選ぶとおいしく堪能できます。ご飯や他のおかずと一緒に温めてから食べると、さらにおいしく食べられるでしょう。

シチュエーション別に選ぶ

昼のランチの時間帯にはもちろん、夜のディナーの時間帯でも喜ばれやすい弁当です。お酒があるパーティーや会合の席でも、焼き鳥や串焼きの味を気軽に楽しめます。肉のジューシーな味と歯ごたえが、お酒にもぴったりです。

​▽ 関西にお届けできるオススメの弁当

大阪・兵庫・京都・奈良に配達できる弁当をご案内します。

炭火焼き鳥重御膳

1080

円(税込)

ハレの日御膳 祝賀~鯛だしご飯~

2700

円(税込)

黒豚そぼろの二色弁当

788

円(税込)

ヒレかつサンド2段重折

7000

円(税込)

オリジナルの”焼き鳥・串焼き弁当のコラム”

焼き鳥の定義は、「鶏の肉や部位に味付けをして串に刺したもの」とされています。焼き鳥には決まりきった形式はなく、自由度が高い点が特徴です。意外なことに、鶏肉以外の肉(牛・豚・馬の肉など)を使っても焼き鳥と呼ばれます。

日本各地には、ご当地ならではの焼き鳥を販売している地域も存在します。愛媛県四国中央市では、揚げた鶏肉を串に刺した「揚げ足鶏」という料理があります。名前の通り揚げて調理をしたものですが、地元では「焼き鳥」と言われているのです。

焼き鳥を串に刺して食べる理由は、調理加工した肉を食べやすくするためです。串から抜いて食べると、肉の旨味成分である肉汁がこぼれやすくなるうえに熱が冷めやすくなります。江戸時代にあった屋台で、十分に焼いた肉を串に刺して客に提供したところ、街中で流行したのが起源といわれます。

また、世界各地にも焼き鳥に似た串焼き料理がいくつか存在します。獣肉や野菜を使ったプロシェット(フランス)、肉や魚をローストして四角形に切ったケバブ(中東地域の料理)など、世界の人々に親しまれている串焼きはたくさんあります。串に刺して肉の旨味を閉じ込めて、おいしさを引き出しているのが共通点です。

他のジャンルから弁当を探す

bottom of page