top of page

【2024年最新!】寿司弁当で人気のおすすめ弁当やお店を紹介

【2024年最新!】寿司弁当で人気のおすすめ弁当やお店を紹介

贅沢な海の幸をふんだんに使った弁当

子どもから大人まで、いつの時代も多くの人に愛される寿司。寿司弁当なら、自宅でも外出先でも気軽に食べられます。職場でのランチタイムや会議の合間など、好きな時間に海の幸を味わえます。

寿司弁当は、一箱で数種類のネタが楽しめる点がメリットです。マグロやいくらなどの定番のネタから、貝類やウニなど少しリッチなネタも入っていることもあります。

寿司弁当はシチュエーションを問わず、さまざまな人に喜ばれやすい弁当です。

​▽ 関東エリアにお届けできるおすすめのお弁当

東京・神奈川・埼玉・千葉に配達できる弁当をご案内します。

手毬寿司&ローストビーフ弁当

2160

円(税込)

海鮮ちらし

2800

円(税込)

特上握り

2480

円(税込)

たっぷり海鮮の2段重

2370

円(税込)

まぐろづくし

2700

円(税込)

鮪と鯛の漬け紅白2段御膳

2370

円(税込)

桐壺

1134

円(税込)

吟握り

2160

円(税込)

蟹づくし弁当

2370

円(税込)

浪花寿司

1080

円(税込)

握り寿司

2910

円(税込)

穴子と握り盛り合わせ

2160

円(税込)

手毬寿司&唐揚げ葱ソース弁当

1900

円(税込)

江戸銀にぎり

2480

円(税込)

こいなり助六

594

円(税込)

旬にぎり

1940

円(税込)

握り4枡弁当

1940

円(税込)

魚河岸握り弁当

2160

円(税込)

水仙(スイセン)

2376

円(税込)

​▽ 人気の弁当屋3選

寿司弁当をさがす時のポイント

入っている寿司のネタで選ぶ

入っている寿司ネタによって、弁当の彩りや味も変わります。見た目も華やかでネタの質のよい寿司弁当を注文すれば、食べる人に喜ばれるでしょう。
わさびが苦手な人もいる場合は、わさびが抜けるかも確認しておくことが大切です。

シチュエーション別に選ぶ

大事な会議やパーティーでは、ウニやカニなどのリッチなネタを使った寿司がぴったりです。自宅や職場のランチタイムで食べるときは、好きなネタが入っている弁当を頼めば美味しく食べられます。

​▽ 関西にお届けできるオススメの弁当

大阪・兵庫・京都・奈良に配達できる弁当をご案内します。

和牛すき焼き6マス御膳 福寿 [43]

3240

円(税込)

雅箱 神戸牛薄切り焼肉と海老の押し寿司

1940

円(税込)

宝玉箱 天ぷらと豪華寿司盛り合わせ2段御膳

2500

円(税込)

熊本産A5すき焼き丼と贅沢幕の内二段御膳 桔梗(ききょう)No.152

9000

円(税込)

大輪箱 国産鰻と神戸牛握り盛り合わせ

2270

円(税込)

いくら丼と贅沢幕の内二段御膳 楓(かえで)No.155

10000

円(税込)

オリジナルの”寿司弁当のコラム”

寿司の起源は、紀元前4世紀頃に生まれた東南アジアの発酵料理「熟鮓(なれずし)」とさせています。米をじっくりと発酵させた料理で、特に山岳地帯の人々に食べられていた料理です。山岳地帯で取れにくい魚を長期保存するために編みだされました。

日本に寿司が伝来したのは奈良時代といわれています。稲作の伝来とともに、中国から伝わったようです。アユやフナなどの川魚を一晩寝かせて、甘酢で味をつけたご飯と一緒に食べていました。朝廷に貢物として献上されるほどの高級な保存食料理だったと伝わっています。

現在のお寿司に近い形になったのは、江戸時代の末期ごろからです。江戸時代に屋台で握り寿司が流行し、江戸前(東京湾)の魚や魚介類を使うことから「江戸前寿司」と呼ばれて親しまれるようになりました。
大正12年に関東大震災が起きた際は、東京の寿司職人たちが故郷にかえって、日本各地に握り寿司を広げていきました。

明治時代までは寿司を屋台でふるまっていましたが、戦後は屋台で生ものを扱うことが禁止されました。それからは、店の中で寿司を食べるのが主流となりました。

寿司カウンターのお店は、戦前にあった寿司屋台の形式を残したものといわれています。

他のジャンルから弁当を探す

bottom of page