top of page

【2024年最新!】すき焼きの弁当で人気のおすすめ弁当やお店を紹介

【2024年最新!】すき焼きの弁当で人気のおすすめ弁当やお店を紹介

際立つ高級感

際立つ高級感
際立つ高級感で人気のすき焼き弁当。松坂牛や黒毛和牛などの高級食材に、料理人こだわりのタレで味付けされたすき焼き弁当は、舌の肥えた年配の方や贅沢をしたい時にはピッタリな弁当でしょう。

2,000円前後はするので、デリバリー弁当としては少し高めですが、彩り豊かな和のおかずが添えられたすき焼き弁当は、見た目的にもきっと満足感を与えてくれるはずです。容器が温まる弁当もあるので、ホカホカのすき焼き弁当が楽しめます。

​▽ 関東エリアにお届けできるおすすめのお弁当

東京・神奈川・埼玉・千葉に配達できる弁当をご案内します。

和牛のすき焼重と彩り御膳

2300

円(税込)

黒毛和牛のすき焼き弁当

1500

円(税込)

黒毛和牛すき焼きと鮭塩焼き弁当(うど入り南蛮みそとじゃこ)

1830

円(税込)

黒毛和牛すき焼き二段弁当

2160

円(税込)

牛すき焼き弁当

1780

円(税込)

和牛すき焼き懐石御膳

2160

円(税込)

すき焼きとメンチカツ弁当

890

円(税込)

【温まる】蒸熱すき焼き御膳

3240

円(税込)

すき焼き御膳

2916

円(税込)

特選牛すき焼き御膳

2160

円(税込)

黒毛和牛すき焼きと鮭西京焼き弁当(筍の炊き込み)

1920

円(税込)

よしむら 和牛のすき焼の華膳

2700

円(税込)

㐂船 和牛のすき焼弁当

1620

円(税込)

​▽ 人気の弁当屋3選

すき焼きの弁当をさがす時のポイント

年配の方が集まる場にはぜひ

すき焼き弁当は傾向としておかずが自然と和に偏るので、年配の方に喜ばれる弁当です。高級志向の弁当が多いのも、年配の方に好まれるポイントでしょう。お弁当デリのすき焼き弁当には、舌の肥えた年配の方をも唸らせる逸品がそろっています。

贅沢したい時にはぜひ

松坂牛や黒毛和牛は数ある食材の中でも、最高級の部類に入ります。滅多に食べられない高級料理は、モチベーションのアップにつながるはずです。がんばった自分へのご褒美や今後に向けての気合入れとして、贅沢したい時に頼んではいかがでしょう。

​▽ 関西にお届けできるオススメの弁当

大阪・兵庫・京都・奈良に配達できる弁当をご案内します。

三段重:黒毛和牛すき焼き 瑞雲[78]

2160

円(税込)

彩り菜膳 ~牛すきやき~

2300

円(税込)

和牛すき焼き弁当[208]

1080

円(税込)

鶏もも1枚すき焼き[229]

756

円(税込)

三段重:黒毛和牛すき焼き 春芳[80]

2500

円(税込)

和牛すき焼き二段御膳[167]

1620

円(税込)

三段重:黒毛和牛すき焼き 豊楽[81]

2700

円(税込)

オリジナルの”すき焼きの弁当コラム”

なぜ、すき焼きには卵を付けて食べるのでしょう。由来については諸説あるので、いくつか紹介します。

すき焼きが一般的に食べられるようになったのは、明治以降です。江戸時代まではカモ鍋やドジョウ鍋が、鍋料理の主流でした。これらの料理を食べる際、最後に当時の超高級品だった卵を入れて、卵とじにするのが「お楽しみ」だったようです。

しかし、卵とじが完成するまで待てない、気の早い江戸っ子が続出。それなら、「最初から鍋の付けあわせとして卵を使った方が話は早い」となりました。このような食べ方が「粋」「通」とされるようになり、その後すき焼きにもこの食べ方が転用されたそうです。

他にも、以下のような説があります。

すき焼きは今でも高級品ですが、昔はかなりの高級品。卵は今でこそ日常品ですが、1950年代までは高級品でした。卵が高級品だった時代、すき焼きの高級感をグレードアップさせるために、卵を付けるようになったという説もあります。

お肉の熱冷ましとして使われだしたという説や、牛肉独特の「臭み」を卵で消しているという説もありますが、いずれも真偽のほどは定かではありません。しかし、すき焼きを美味しく食べて高級感に浸りたいと願うのは、昔も今も同じようです。

他のジャンルから弁当を探す

bottom of page