top of page

【2024年最新!】ちらし寿司弁当で人気のおすすめ弁当やお店を紹介

【2024年最新!】ちらし寿司弁当で人気のおすすめ弁当やお店を紹介

色鮮やかなちらしで心も華やか!ちらしずし弁当特集

きれいな彩りの華やかなちらしすしは、特別なお祝いの日にぴったりです。酢飯がさっぱりしているので、食欲のない夏場に食べやすいのも魅力。お弁当デリでは、カジュアルなちらしすし弁当から、豪華な具材のリッチなちらしすし弁当まで幅広くご用意しています。価格は2,000円程度が相場で、スタンダードなお弁当に比べると料金は高めですが、見た目も楽しい美味しいちらしすし弁当にきっと満足いただけるはず。

​▽ 関東エリアにお届けできるおすすめのお弁当

東京・神奈川・埼玉・千葉に配達できる弁当をご案内します。

黒毛和牛すき焼きと鮭塩焼き弁当(バラちらしと筍の炊き込みご飯)

2080

円(税込)

黒毛和牛すき焼きとサバ塩焼き弁当(バラちらしと筍の炊き込みご飯)

1980

円(税込)

蟹ちらし・あふそやの特製牛丼弁当

1620

円(税込)

江戸銀ちらし

2480

円(税込)

【バラちらしと筍の炊き込みご飯】黒毛和牛すき焼き弁当(肉増量)

2310

円(税込)

ちらし村雨(ちらしむらさめ)

2100

円(税込)

バラちらし弁当

1940

円(税込)

【バラちらしと筍の炊き込みご飯】黒毛和牛焼肉弁当(肉増量)

2310

円(税込)

歌舞伎座幕の内 鳳凰 ~ちらし~

7884

円(税込)

歌舞伎座幕の内 竹~ちらし~

4644

円(税込)

黒毛和牛すき焼き鮭西京焼き弁当(バラちらしと筍の炊き込みご飯)

2180

円(税込)

蟹ちらし・あふそや特製牛丼と彩り9升の二段弁当

2160

円(税込)

蟹ちらし寿司と彩り9升の三段弁当

2650

円(税込)

ちらし斬鉄剣(ちらしざんてつけん)

2100

円(税込)

特撰極上ちらしと牛カルビ焼き御膳

2530

円(税込)

【バラちらし】山形牛すき焼きと金目鯛塩焼き御膳

3180

円(税込)

歌舞伎座幕の内 梅~ちらし~

3564

円(税込)

鯛黒酢ちらし重

2160

円(税込)

あふそやの五目ちらし寿司弁当

1296

円(税込)

野菜ちらし寿司と彩り9升の三段弁当

2160

円(税込)

【バラちらし】山形牛すき焼きと鮭西京焼き御膳

2980

円(税込)

ちらし七支刀(ななつさやのたち)

2200

円(税込)

うなぎと穴子ちらし御膳

1940

円(税込)

【バラちらし】山形牛すき焼きと山形牛焼肉御膳

3180

円(税込)

歌舞伎座幕の内 松~ちらし~

5724

円(税込)

​▽ 人気の弁当屋3選

ちらしずしの弁当をさがす時のポイント

お祝い事の席にぜひ

ちらしすしは、お祝いの席にぴったりです。お子様からも愛される料理なので、ひなまつりやお誕生日会にもいいですね。特に、ばらちらしは小さなお子様でも食べやすいのでおすすめです。見た目がきれいなので写真映えもばっちりですよ。

高級感を演出したい時にぜひ

お弁当デリでは、うなぎやかになど高級感のある具材のちらしすしもあります。お世話になった方を招待する時や記念日など、高級感を演出したい時にもおすすめです。

​▽ 関西にお届けできるオススメの弁当

大阪・兵庫・京都・奈良に配達できる弁当をご案内します。

彩喜御膳 ~鰻と海老のちらし寿司~

1750

円(税込)

彩り二段重 ~えびちらし~

1500

円(税込)

彩り菜膳 ~華ちらし~

1650

円(税込)

ちらし寿司とエビフライの御弁当

1490

円(税込)

海鮮ちらしとローストビーフのおもてなし御膳

2160

円(税込)

オリジナルの”ちらちずしの弁当のコラム”

ちらしすしって、実は地域によって形が異なるのはご存じでしたか。東日本では、白い酢飯の上に握り寿司に使う新鮮な魚介類(マグロ・白身・イカ・えび・いくらなど)を並べたものをちらしすしといいます。海鮮丼の酢飯バージョンといったところでしょうか。海鮮丼と同様に、一人前ずつ盛り付けるのが特徴です。ちらしすしという呼称以外に、「江戸前ちらし」「生ちらし」と呼ばれることもあります。ちなみに、こちらのちらしすしは、江戸時代後期に寿司職人のまかない飯として誕生したのが起源だそうです。一方、西日本では、味付けした具材を酢飯の中に混ぜ込み、錦糸卵や海苔やエビなどで飾り付けたものをちらしすしといいます。ひな祭りなどお祝いの際に出されるのはこちらのちらしすしですね。混ぜ込む具材は、椎茸やかんぴょう、蓮根や油揚げなど、東日本のちらしすしとは大きく異なりますが、家庭・地域によっても違いがあります。大皿に盛り、みんなで取り分けながら食べるのが特徴です。ちらしすしという呼称以外に、「五目寿司」「五目ちらし」と呼ばれることもあります。あなたにとっての「ちらしすし」はどちらのタイプですか?それぞれ違った美味しさがあるので、どちらも捨てがたいですよね。お弁当デリでは、どちらのちらしすしも注文できるので、気になる方は食べ比べてみてもいいですね。

他のジャンルから弁当を探す

bottom of page