top of page

【2023年最新!】フレンチ弁当で人気のおすすめ弁当やお店を紹介

【2023年最新!】フレンチ弁当で人気のおすすめ弁当やお店を紹介

リッチな気分が味わえるフレンチ弁当

フランス料理の弁当があることをご存知でしょうか?自宅でも職場でも、気軽にリッチなフレンチ弁当を食べられる宅配デリバリーもあります。リーズナブルな価格で、リッチでおいしいフレンチ弁当をいつでも食べられます。

親戚や友人同士が集まるパーティや、特別な会議・会合などの食事にもフレンチ弁当が出せます。大切な人たちへのおもてなしから普段の家族との食事まで、幅広いシチュエーションで食べられる弁当です。食べる人みんなが喜ぶでしょう。

​▽ 関東エリアにお届けできるおすすめのお弁当

東京・神奈川・埼玉・千葉に配達できる弁当をご案内します。

鶏もも肉の香草パン粉焼き自家製トマトソース

1800

円(税込)

やわらかイベリコ豚と自家製そぼろ丼弁当

1620

円(税込)

スパイシーハーブのグリルチキン弁当

1800

円(税込)

ハンバーグ ロッシーニ風

2900

円(税込)

ローストビーフ 白身魚ムニエル弁当

1980

円(税込)

サーロインステーキと舌平目ムニエル弁当

3400

円(税込)

粗挽き手捏ねジューシーバーグ弁当

1800

円(税込)

旬魚の白ワイングリル弁当

1800

円(税込)

A4和牛赤身ステーキ サーモンムニエル弁当

3400

円(税込)

白身魚のプロヴァンス風とオードブル

1680

円(税込)

チキングリルとサーモンムニエル弁当

1980

円(税込)

A4和牛肉めし&和牛ハンバーグ 柑橘レモンソース

1620

円(税込)

ローストビーフとパエリアのスペシャル地中海ボックス

2160

円(税込)

サーモンムニエル弁当

1050

円(税込)

トリュフ醤油で頂くサイコロステーキ&A4和牛飯

2160

円(税込)

白身魚ムニエル弁当

1650

円(税込)

​▽ 人気の弁当屋3選

フレンチ弁当をさがす時のポイント

フレンチのメニューで選ぶ

入っているフレンチのメニューで選ぶと、いつもの食事をより楽しめます。フレンチ料理店さながらのメニューを食べれば、心もお腹もしっかりと満たされます。主食でもおかずでも、好みのフレンチメニューを選びましょう。

弁当を出す場面で選ぶ

参加者におもてなしをするパーティや会議、親戚同士が集まるイベントなど、特別な場面でもフレンチ弁当が合います。見た目も味付けも本格的なフレンチ弁当を出せば、食べる人みんなに喜ばれること間違いなしです。

​▽ 関西にお届けできるオススメの弁当

大阪・兵庫・京都・奈良に配達できる弁当をご案内します。

豚ロースのポークカツレツプレート

856

円(税込)

べジ惣菜5種のミラノ風チキンカツレツ弁当

900

円(税込)

ロコモコ サーモンタルタル(No.336)

1280

円(税込)

天然真鯛のムニエル&神戸牛薄切り焼肉&天然エビフライ

2270

円(税込)

オリジナルの”フレンチ弁当のコラム”

フランス料理といえば、高級感ある料理のイメージが強いでしょう。しかし、フランス料理の歴史には意外な点があります。

フランス料理が誕生したのは14世紀です。当時のフランス料理は、茹でた野菜とローストした肉というシンプルな内容でした。肉や野菜をパンに乗せて楽しむ料理でした。現在のようにフォークやナイフは使わず、手づかみで食べるのが主流でした。

1533年、フランス国王アンリ2世とメディチ家のカトリーヌが結婚したことを機にフランス料理に変化が訪れます。カトリーヌがイタリアから嫁ぐ際に、イタリアンシェフも同行していました。そこから、ナイフやフォークを使うマナーやスープを飲むマナーが入ってきたといわれています。フランス料理も、イタリアンの影響を受けて変化していきました。

17世紀に入ると、フランス料理はさらなる変化を遂げていきました。その流れのなかで、高級フレンチのひとつ「オートキュイジーヌ」が誕生しました。ただ、まだ当時は宮廷料理として楽しまれるものでした。フランス料理が大衆にも広まったのはフランス革命以後のことです。

19世紀以降は、フランス料理のレシピ本販売やコース料理のメニュー考案など、さまざまな料理人の尽力がありました。その努力が、現在のフランス料理につながっています。

他のジャンルから弁当を探す

bottom of page