top of page

【2024年最新!】ハンバーグの弁当で人気のおすすめ弁当やお店を紹介

【2024年最新!】ハンバーグの弁当で人気のおすすめ弁当やお店を紹介

洋食の王様のハンバーグ

ハンバーグ弁当には、ハズレがありません。ハンバーグは、洋食の王様と言っても過言ではないでしょう。デリバリーで頼める、料理人が丹念に手ごねした自家製ハンバーグの美味しさは、格別です。ちょっとした軽食には、特製ハンバーグサンドもよいでしょう。2,000円以上する高級御膳が多いので、ワンランク上の贅沢を味わえるのも、宅配ハンバーグ弁当の特徴です。高級ハンバーグ弁当には、素材や調理法からソースや盛り付けに至るまで、料理人の神経が行き届いた逸品がそろいます。

​▽ 関東エリアにお届けできるおすすめのお弁当

東京・神奈川・埼玉・千葉に配達できる弁当をご案内します。

食彩 ハンバーグ弁当

698

円(税込)

豆腐入り手ごねハンバーグと豚ヒレカツの十六穀ご飯弁当

990

円(税込)

牛ハンバーグ御膳

1400

円(税込)

煮込みハンバーグ&チキンの香草焼き弁当

1940

円(税込)

直火網焼きステーキハンバーグと特製ポークフリットのダブルメイン

2160

円(税込)

4升7種 手ごねハンバーグ トマトソース

1390

円(税込)

豆腐入り手ごねハンバーグと手包み二種しゅうまいの十六穀ご飯弁当

990

円(税込)

焦がし玉ねぎだれのポークソテーと手ごねハンバーグBOX

2300

円(税込)

ハンバーグ弁当

980

円(税込)

ハンバーグオムライス弁当(バジルマヨ添え)

950

円(税込)

黒毛和牛とろけるおろしはんばーぐ&ローストビーフ御膳

2916

円(税込)

ダブルミート弁当 ローストビーフ&煮込みハンバーグ弁当

2160

円(税込)

4升7種 手ごねハンバーグ 和風ソース

1390

円(税込)

A4和牛の甘ダレ焼きしゃぶ&トリュフ醤油で頂く和牛ハンバーグ御膳

1940

円(税込)

豆腐入り手ごねハンバーグと手包み二種しゅうまいの十六穀ご飯弁当

990

円(税込)

大エビフライ・ハンバーグ海苔弁当

1008

円(税込)

自家製デミグラスソースの和牛ハンバーグ弁当

2260

円(税込)

焼肉&ハンバーグ弁当

1900

円(税込)

ハンバーグオーバーライス

1080

円(税込)

A4和牛肉めし&和牛ハンバーグ 柑橘レモンソース

1620

円(税込)

ふっくらジューシーハンバーグ御膳

2160

円(税込)

福よしのはんばーぐ&牛たんメンチカツ弁当

1620

円(税込)

手ごねハンバーグと若鶏の西京焼柚子胡椒仕立て二段弁当

1480

円(税込)

特製デミグラスハンバーグ弁当

1800

円(税込)

和風ハンバーグ弁当

1080

円(税込)

ハンバーグ丼

648

円(税込)

ビーフシチューハンバーグ弁当

1720

円(税込)

肉重 【厳選ステーキ&和牛ハンバーグ】

2160

円(税込)

一口ハンバーグと彩りおかずの俵おにぎり弁当

1200

円(税込)

​▽ 人気の弁当屋3選

ハンバーグの弁当をさがす時のポイント

子ども向けのパーティーにはぜひ

ハンバーグは子どもが大好きなおかずの上位に、必ずランクインする人気メニュー。子ども向けのパーティーに、デリバリーすると喜ばれるでしょう。ポテトやフライなど、他のおかずも子どもが大好きなメニューが並ぶので、好き嫌いなく食べてもらえるはずです。

気分に合わせて選択可能

1,000円未満のカジュアル弁当から、3,000円以上する高級弁当まで、ハンバーグ弁当は価格設定の幅が広いのが特徴です。普段使いにはお手頃価格の弁当を、頑張った自分へのご褒美には高級弁当をといった具合に、気分に合わせてチョイスすることができます。

​▽ 関西にお届けできるオススメの弁当

大阪・兵庫・京都・奈良に配達できる弁当をご案内します。

但馬牛ハンバーグと明石蛸飯

1000

円(税込)

和牛コロッケ&秘伝の唐揚げ&黒毛和牛手ごねハンバーグステーキ弁当

1100

円(税込)

特製トマトソース 阿波尾鶏ハンバーグ弁当

590

円(税込)

和牛焼肉とハンバーグ弁当

1080

円(税込)

神戸牛100%粗びきハンバーグ&神戸牛コロッケ&天然エビフライ御膳

1750

円(税込)

ジャンボハンバーグ[205]

756

円(税込)

但馬牛ハンバーグと塩唐揚げSP弁当

1080

円(税込)

阿波尾鶏ハンバーグ弁当

500

円(税込)

オリジナルの”ハンバーグの弁当コラム”

ハンバーグはドイツのハンブルグで作られた、「タルタルステーキ」に由来する料理です。ハンブルグがなまって、ハンバーグになりました。アメリカで「ハンバーグをください」と注文しても、店員さんには通じません。「ハンバーグステーキ」が、アメリカでの正式名称です。アメリカでは、ハンバーグよりもハンバーガーの方が料理としては一般的で、ハンバーグ形式で食べるケースは少ないようです。日本でもハンバーガーはハンバーグに劣らない人気メニューですが、ハンバーガーの中に入ったお肉は、「パティ」と呼びます。ハンバーグとは呼びません。なぜでしょう?ハンバーグとパティでは、調理方法が違うからです。ハンバーグは、牛挽き肉(合挽き肉)に玉ねぎ・卵・パン(パン粉)などを混ぜ合わせ、楕円に丸めて焼いたものを指します。パティは、牛肉(牛肉のみの挽き肉)を、玉ねぎ・卵・パン(パン粉)などを混ぜ合わせずに、塩・胡椒などの香辛料・調味料のみで味付けをし、平らに伸ばして焼いたものを指すのです。
○ハンバーグ:牛挽き肉+玉ねぎ+卵+パンなど
○パティ:牛肉+塩・胡椒など
ハンバーグとパティの見た目はよく似ていますが、その成分にはかなりの違いがある、別の料理なのです。

他のジャンルから弁当を探す

bottom of page