top of page

【2024年最新!】炒飯の弁当で人気のおすすめ弁当やお店を紹介

【2024年最新!】炒飯の弁当で人気のおすすめ弁当やお店を紹介

香ばしくボリューム満点の本格的炒飯弁当

厚みのあるチャーシューを切って、卵をからめつつご飯としっかりと炒めた香ばしい炒飯弁当。こだわりの油を使い、具材と一緒に炒めて本格的な味わいに仕上げました。中華料理が好きな方も、きっと満足できる風味豊かな炒飯弁当です。大事な会議やスポーツの試合など、ここ一番でスタミナを付けて頑張りたいときに食べると満足感を得られます。仲間と一緒に食べると、より一層美味しく感じられますよ。

​▽ 関東エリアにお届けできるおすすめのお弁当

東京・神奈川・埼玉・千葉に配達できる弁当をご案内します。

豚肉とあげ豆腐うま煮

650

円(税込)

大粒しゅうまいとチャーハン二段弁当

1080

円(税込)

蘭

2500

円(税込)

豪華 中華9マス弁当C

1180

円(税込)

【8升】中華御膳 四川麻婆豆腐(スプーン付き)

1580

円(税込)

炒飯唐揚げ弁当

750

円(税込)

【4升】四川油淋鶏(ユーリンジー)と炒飯弁当

1580

円(税込)

【4升】青椒肉絲(チンジャオロースー)と炒飯弁当

1580

円(税込)

葵花 チャーハン弁当

1600

円(税込)

本場黒酢酢豚&中華風うま煮御膳

2160

円(税込)

豪華海鮮塩炒め&クラゲのサラダ御膳

2700

円(税込)

豪華 中華9マス弁当A

1180

円(税込)

【7升】旬の素材とフカヒレの中華弁当((スプーン付き)

2480

円(税込)

豆富ハンバーグとチャーハン弁当

1200

円(税込)

【4升】海老チリソースと炒飯弁当

1580

円(税込)

【5日前締切り】旬のコース御膳 2段8升(和牛、鮑、フカヒレ炒飯)

6800

円(税込)

【お弁当デリ限定】四川

1350

円(税込)

高級中華御膳 -燕-(つばめ)

2850

円(税込)

鶏と椎茸の中華風うま煮&海老卵炒め御膳

1620

円(税込)

【8升】中華御膳 海老のXO醤炒め

1680

円(税込)

向日葵 油淋鶏

2160

円(税込)

和中コラボのまんぷく御膳

2300

円(税込)

【4升】三元豚の回鍋肉(ホイコーロー)と炒飯弁当

1580

円(税込)

​▽ 人気の弁当屋3選

炒飯の弁当をさがす時のポイント

炒飯の量で選ぶ

炒飯をお腹いっぱい食べたい方は、がっつりと食べられる炒飯中心のお弁当がおすすめです。他のおかずとバランスよく食べたい方は、おかずと炒飯が半々程度の割合で入っているお弁当を選ぶと心が満たされます。

シチュエーションで選ぶ

スポーツの試合や体を動かす仕事などで、体力を使う方は炒飯弁当を食べればスタミナをつけられます。炒飯の量が多めのお弁当を選んで、ここぞという時のためにしっかりとお腹と心を満たしましょう!

​▽ 関西にお届けできるオススメの弁当

大阪・兵庫・京都・奈良に配達できる弁当をご案内します。

青龍 ~麻婆豆腐~

1620

円(税込)

呉 ~go~ 八宝菜

1300

円(税込)

鳳凰 ~牛肉の黒胡椒炒め~

2160

円(税込)

宋 ~sou~ 青椒肉絲

1500

円(税込)

唐 ~tou~ ピリ辛麻婆豆腐

1100

円(税込)

牛焼肉チャーハン

1026

円(税込)

オリジナルの”炒飯の弁当コラム”

炒飯が初めて登場したのは、『食経』という中国の書物です。隋の時代(6〜7世紀頃)に、当時の宰相・楊素が「砕金飯(シュイジンファン)」(炒飯の前身とされるもの)を好んで食べていたと記されています。しかし、当時の中国ではまだ「炒める」「焼く」といった調理法は一般的ではありませんでした。10世紀頃に、鉄器技術の進展に伴い強い火力を使った調理法が確立されてきました。米食文化も徐々に広がりを見せ、その過程で中華鍋を使った炒飯が誕生したのです。中華鍋の普及は、炒飯のみならず中華料理の発展に大きく貢献しました。日本でおなじみの五目炒飯は、いろいろな具材を使った揚州炒飯がベースになっています。平安時代に、遣唐使を通じて「ゴマ油で米を炊く」という調理法が伝わったといわれています。当時の日本でも、強い火力で炒める調理法はありませんでした。現在の中国流の炒飯の形になったのは、だいぶ後の明治時代以降のようです。長い歴史を経て、炒飯は日本の飲食店や食卓でもおなじみのメニューになりました。今や、日本の炒飯もさまざまなバリエーションに富んでいます。自分好みのアレンジ方法を見つけて、香ばしく美味しい飯弁当を味わってみるのもよいでしょう。

他のジャンルから弁当を探す

bottom of page