top of page

【2024年最新!】ステーキ弁当で人気のおすすめ弁当やお店を紹介

【2024年最新!】ステーキ弁当で人気のおすすめ弁当やお店を紹介

高級弁当の筆頭

ステーキ弁当は、高級弁当の筆頭です。事実、ステーキ弁当は2,000円前後するので、デリバリーで頼める弁当としては、かなり高額な部類に入ります。逆に言えば、2,000円前後で高級感を演出できるので、重役会議や接待の場では重宝する弁当です。

素材や焼き加減にこだわりがある弁当が多いのも特徴で、味も期待を裏切りません。上質な素材と料理人のテクニックを存分に堪能できる、ワンランク上の高級弁当。それが、ステーキ弁当なのです。

​▽ 関東エリアにお届けできるおすすめのお弁当

東京・神奈川・埼玉・千葉に配達できる弁当をご案内します。

星空の黒牛  ステーキ幕ノ内弁当

1900

円(税込)

(新)低温仕上のサーロインステーキ弁当

1080

円(税込)

直火網焼きステーキハンバーグのフルーツジュレ添え

1944

円(税込)

【デザート付き】牛ランプステーキのバルサミコソース弁当

2160

円(税込)

【高級鉄板焼御膳】塩麴仕込の厳選牛ステーキ御膳

2480

円(税込)

赤身肉ステーキと手ごねハンバーグBOX

2500

円(税込)

こだわり赤身牛のステーキ重弁当

1300

円(税込)

ふわっとろオムライス&ハンバーグステーキ

1900

円(税込)

【高級鉄板焼御膳】塩麴仕込みの厳選牛ステーキと季節の焼魚

1980

円(税込)

球磨川 厳選牛ステーキ丼

1850

円(税込)

豆腐入り手ごねハンバーグと牛ステーキの十六穀ご飯弁当

1080

円(税込)

A4和牛赤身ステーキ 常陸牛入ハンバーグ弁当

3400

円(税込)

【選べるソース】炭火焼き鶏むね一枚ステーキ弁当

1110

円(税込)

チキンステーキ箱弁当

864

円(税込)

牛サガリ肉ステーキおろしポン酢添え

1836

円(税込)

選べる4種のソースに直火網焼きステーキハンバーグとオードブル

1690

円(税込)

トリュフ醤油で頂く厳選牛ステーキとローストビーフ A

2160

円(税込)

8品目サラダとチキンステーキ弁当

850

円(税込)

サーロインステーキ牛《2段重》

2220

円(税込)

こだわり赤身牛ステーキと豚しゃぶ弁当

2260

円(税込)

やわらか牛ハラミのサイコロステーキとグリル・ド・チキンのダブルメイン

2800

円(税込)

牛ハラミステーキと手ごねハンバーグ&ローストビーフ肉飯弁当

2700

円(税込)

​▽ 人気の弁当屋3選

ステーキ弁当をさがす時のポイント

ここ一番の勝負どころにはぜひ

見た目的にもわかりやすく高級感があるので、重役会議や接待にも安心して使えるのが、ステーキ弁当です。値段的にも高額なので、ここ一番の勝負どころでデリバリーすると、場の雰囲気が一段と引き締まるでしょう。

高級感の演出にはぜひ

ステーキは80年代まで味わう機会が少ない、高級料理の筆頭でした。40代以上の方にとってステーキは、今でも高級料理の代名詞的な存在かもしれません。中高年の方が多く集まる場でデリバリーすると、圧倒的な高級感を演出できるのでおすすめです。

​▽ 関西にお届けできるオススメの弁当

大阪・兵庫・京都・奈良に配達できる弁当をご案内します。

グー特製オムライス&秘伝の唐揚げ&黒毛和牛手ごねハンバーグステーキ弁当

1000

円(税込)

熊本県産A5ステーキ 贅沢御膳 「瑠欣」(りゅうきん)[57]

3000

円(税込)

【お弁当デリ限定】熊本県産A5ステーキ和風御膳「瑠雅」(りゅうが)[52]

2160

円(税込)

但馬牛ステーキと鮭の塩焼きSP弁当

1080

円(税込)

ハネシタステーキ弁当

2000

円(税込)

和牛赤身ステーキ&Gateパスタ・季節の8種サラダ

1100

円(税込)

熊本県産A5ステーキと銀ヒラス幽庵焼きの九重御膳[61]

1940

円(税込)

豪華牛焼肉重&天然エビフライ&黒毛和牛手ごねハンバーグステーキ御膳

2150

円(税込)

黒毛和牛手ごねハンバーグステーキ弁当

810

円(税込)

オリジナルの”ステーキ弁当のコラム”

○レア
○ミディアムレア
○ミディアム
○ウェルダン

ステーキの焼き加減は肉内部の温度によって、以上4つに大別されます。それぞれの内部温度や特徴は、以下の通りです。


肉内部の温度
特徴(焼き加減・中心部の肉の色・肉汁の出方)
レア
55~65度
表面は焼けているが内部は生で肉はピンク色
切った時の肉汁が多い
ミディアムレア
約65度
レアより焼けているが中心部は生で肉はほぼピンク色
肉汁が少し出る
ミディアム
65~70度
中心部がほどよく焼けた状態で肉は薄いピンク色
肉汁はあまり出ない
ウェルダン
70~80度
中心部までしっかり焼けた状態で肉にピンクの色味はほぼ残っていない
肉汁もほとんど出ない


ミディアムレアやミディアムがポピュラーですが、ステーキ好きな方ほどレアに近い焼き加減を好むかもしれません。

焼き加減の呼び名がそもそも英語なので、それぞれの英単語の意味を確認しておくと、ステーキについての理解に役立つでしょう。

レアの英語表記は「rare」。「生」という意味です。ミディアムレアとミディアムの英語表記はそれぞれ、「medium rare」と「medium」。「medium」は「中くらい」という意味なので、「medium rare」は「中くらいの生」というニュアンスでしょう。

ウェルダンの英語表記は「well-done」。「well」は「正しく、適切に」といった意味です。「done」は「~された」という意味ですが、この場合「調理された」「焼かれた」といったニュアンス。「well-done」は、「適切に焼かれた」という意味になるでしょう。

他のジャンルから弁当を探す

bottom of page