top of page

【2024年最新!】温まる容器弁当で人気のおすすめ弁当やお店を紹介

【2024年最新!】温まる容器弁当で人気のおすすめ弁当やお店を紹介

いつでもできたて!温まる容器が便利

温まる容器の弁当を頼めば、いつでもアツアツのできたてのような弁当を楽しめます。しばらく置いても冷めにくいため、ゆっくりと食べる方でも安心です。時間が経っても味を落とさずに、あったかいご飯を食べられます。
もちろん、いつもの弁当のように持ち運びをして弁当を食べることもできます。季節を問わず、温かい 弁当をいつでも食べられます。遠方に旅行やキャンプに行く際も、保温バッグに入れて持ち運ぶとおいしさがキープ可能です。

​▽ 関東エリアにお届けできるおすすめのお弁当

東京・神奈川・埼玉・千葉に配達できる弁当をご案内します。

【温まる】温かうな重(竹)

3456

円(税込)

【温まる容器】料亭の裏メニュー やりすぎ牛すじ黒カレー

1296

円(税込)

【温まる】蒸熱すき焼き御膳

3240

円(税込)

【温まる】温かうな重(梅)

3132

円(税込)

(新)温まる 牛たん幕の内弁当 杜

2160

円(税込)

【温まる】牛たんシチュー弁当

2160

円(税込)

【温まる】蟹めし

2160

円(税込)

(新)【温まる】牛たん幕の内弁当 翠

2700

円(税込)

【温まる】温かうな重(松)

3780

円(税込)

【温まる】あったか彩り鯛めし御膳

2590

円(税込)

​▽ 人気の弁当屋3選

温まる容器の弁当をさがす時のポイント

弁当を食べる場所で選ぶ

温かい容器に入った弁当なら、持ち運んでもおいしさをキープできます。アウトドアや遠方に旅行に行く際も、好きな景色を見ながらおいしい食事ができて一石二鳥です。寒い環境のなかでも、アツアツのご飯が食べられます。

シチュエーション別に選ぶ

長時間仕事をした後やスポーツをした後など、とてもお腹が空いているときには温かい容器に入った弁当がぴったりです。疲れたときも、お腹と心を満たしてくれます。ホカホカの弁当を食べて、疲れを吹き飛ばしてみませんか?

​▽ 関西にお届けできるオススメの弁当

大阪・兵庫・京都・奈良に配達できる弁当をご案内します。

(蒸熱弁当)特ウナギ弁当

8000

円(税込)

(蒸熱弁当)近江牛のビーフシチューとバターライス

5000

円(税込)

(蒸熱弁当)近江牛のビーフシチューとビフカツサンド

8500

円(税込)

オリジナルの”温まる容器の弁当のコラム”

手作りの弁当を長時間放置しておくと、腐ってしまう可能性があります。例えば、朝作った弁当を昼まで常温保存しておくと危険です。できれば購入して(もしくは配達されて)すぐに食べるのが理想ですが、そうはいかない状況の場合は注意が必要です。常温保存ができる弁当もありますが、事前に弁当の消費期限は確認しておきましょう。

特に夏場は、気温や湿度が上昇しやすく腐るリスクが高くなります。腐った弁当を食べるのは、食中毒や胃腸へのダメージにつながるので要注意です。近くに冷蔵庫など保存できる場所がない場合は、事前に保冷バッグを用意する必要があります。

夏以外の季節でも、弁当を常温保存するのはリスクがあります。冬場の室内では、暖房の温風が当たって弁当箱内の湿度が上がって腐る危険があります。できるだけ暖房付近に弁当を置かず、保温のできる容器に入れておくと劣化の予防が可能です。

常温放置した弁当に食中毒菌が発生すると、100℃近くまで熱をこめても菌が死滅しないとされています。一度食中毒にかかると、腹痛や嘔吐などの症状を伴うので危険です。デリバリーでも手作りでも、事前に保存方法や食中毒対策を調べたうえで保存するとよいでしょう。

他のジャンルから弁当を探す

bottom of page